メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

宮崎映画 ヒットの哲学

写真:「風立ちぬ」拡大「風立ちぬ」

写真:引退会見を終え、握手する宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサー(左)=6日、東京都武蔵野市、小玉重隆撮影拡大引退会見を終え、握手する宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサー(左)=6日、東京都武蔵野市、小玉重隆撮影

 【石飛徳樹】日本映画の好調を引っ張ってきたスタジオジブリの宮崎駿監督が引退を表明した。宮崎アニメはなぜメガヒットしてきたのか。なぜ今やめねばならないのか。ポスト宮崎時代の日本映画はどうなるのか。興行の側面から宮崎引退を考えた。

■作品優先・ロングランで

 2000年以降のジブリ作品は、宮崎作品以外もすべて、その年の日本映画で1位の興行収入を上げた。鈴木敏夫プロデューサーの功績は大きい。「僕の宣伝は正攻法」と鈴木さんは言う。過去には「宣伝しない宣伝」を唱えるなど、奇をてらっているようだが、世間が盛り上がっていれば宣伝せずに飢餓感を高めるし、今回はその反対。理にかなっている。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

おすすめ

「竹取物語」を題材にしたスタジオジブリの映画音楽。高畑監督が久石譲と初めてタッグを組んだ作品

車田正美原作の漫画『聖闘士星矢』に登場するキャラクターのフィギュアシリーズ。精密に表現された聖衣の輝きをお手元に!

車田正美原作コミックをアニメ化した『聖闘士星矢』の劇場版長編を集めたBOX。邪神復活のためアテナがさらわれる第1作ほか、全5タイトルを収録

ある日突然18億円の宝くじに当選!平凡なOLだった都の人生は一変した…興奮と切なさに彩られた著者の代表的傑作

ウォルター・アイザックソンの世界的なベストセラーを、『テルマエ・ロマエ』で脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化

防水・大画面フルタッチディスプレーを備え、スマホを遠隔操作できる次世代腕時計

朝日新聞将棋取材班

朝日新聞放送取材班

注目コンテンツ

  • ショッピング旅行に小型三脚も連れてって

    装着したまま持ち運べる超薄型

  • ブック・アサヒ・コム「花子とアン」主人公の生涯

    教師で翻訳家でニュース解説者

  • フォード・エクスプローラー

    サンルーフ装備の限定車を発表

  • 【&w】納豆やアイスに合うオリーブ油

    島めぐり 小豆島編

  • Astand『待機児童』を数え直す

    本当は何百万人いるのか?

  • 写真

    ハフポスト日本版 写真が誘う幻想の世界

    独在住、インスタグラムで大人気の作家

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報