ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  文化・芸能 > エンターテインメント > ニュース記事

渋谷公会堂に命名権導入 区が発表

2006年06月19日

 東京都渋谷区は19日、渋谷公会堂に企業名などを冠することができる命名権(ネーミングライツ)を導入すると発表した。契約期間は5年で、契約額は年間5000万円以上。20日から来月10日まで募集を受け付け、リニューアルオープンする10月1日から新名称を使用する。

 新たな収入を確保し、区の文化芸術施策を充実させるのが目的。名称と同時に公会堂を活用した社会貢献事業の提案なども求める。区は8月中に名称を決める。(時事)


ここから広告です 広告終わり ここから広告です

PR情報

広告終わり

この記事の関連情報

ここから検索メニュー

商品検索

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.