メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

高田長老の法隆寺いま昔

 聖徳太子ゆかりの法隆寺。1400年の歴史の中で、実は戦後の70年ほど激動の時代はなかったかもしれない。高田良信長老は、その流れを見続け、法隆寺の歴史を軸とする「法隆寺学」を提唱してきた。高田さんの半生から、古寺の現代史を見通してみたい。題して「高田長老の法隆寺いま昔」の始まりである。

写真・図版

(高田長老の法隆寺いま昔)百済観音とパリへ 一生勉強(2017/3/22)

■第31回 百済観音堂の建設が始まった。そして、それをきっかけに、かつてない大きな動きが起きた。     ◇ 1996(平成8)年の年末、12月24日のことです。文化庁文化財鑑査官の三輪嘉六さんが「直談判したい」と、法隆寺に来られました。「もし断られたら、南大門前の松並木で首くくるか、大和…[続きを読む]

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】シチューや煮物は放置で作る

    自動調理鍋が人気!

  • 写真

    【&TRAVEL】5組10名様に鑑賞券

    プラド美術館展

  • 写真

    【&M】ルーツは葛飾北斎!?

    写真模型「フォトモ」の世界

  • 写真

    【&w】鶏の素揚げと長野ワイン

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム21世紀の福沢諭吉像

    「色あせない像を示したい」

  • 写真

    WEBRONZA城田優、sexyなギャング役

    『ブロードウェイと銃弾』

  • 写真

    アエラスタイルマガジンポルシェのあのモデルが復活

    半世紀の時を経てファンを魅了

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    「ENEKO Tokyo」

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ