現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > コラム > 週刊人間国宝 > もっと知るために ここから本文エリア

週刊人間国宝
工芸技術 陶芸(7)

[ この号のトップへ ] [ 今週のわざ:備前焼 ] [ 【美術館・本】 ]

もっと知るために

【伝統を学ぶ】

写真

写真
窯から取り出したばかりの作品を点検。

写真
轆轤を使う受講生にアドバイスする藤山先生。

写真
手捻りで制作中の受講生。

写真

 できあがったばかりの器を窯から取り出すときが、最も心ときめくとき。火の命が土に吹き込められた一瞬だからだ。釉薬(ゆうやく)を使わない備前焼は、火加減ひとつで焼き上がりが微妙に違ってくる。これに魅せられた受講生の通ってくる教室が、北九州市にある備前隠れ窯「陶里宛(とうりえん)」だ。

 受講生たちは、都合のつく時間にやって来て、思い思いの作品づくりに励む。

 この日は、手捻(てびね)り一筋だった女性が初めて電動轆轤(ろくろ)に挑戦していた。窯元の藤山陽見(ふじやま・ようけん)先生がつきっきりで指導する。姿勢から始まって、轆轤のスピード加減、手と指の使い方まで。右手の肘を右足の膝付近に置いて固定し、両手で土を囲い込みながら、親指で土の上部をゆっくり押さえ込むと、土は思い通りになるという。

 焼成(しょうせい)後に一割五分縮むのを計算に入れるのもポイントとか。「土と戯(たわむ)れながら、遊び心で作ればいいんです」と藤山先生。

 釉薬を使わない点を除けば、工程はほかの焼き物作りとあまり変わらない。轆轤で成形し、鉋(かんな)や弓、柄鏝(えごて)、篦(へら)、ナイフなどで高台(こうだい)などを削り、形を整えていく。作るものも日常的に使う湯呑みや皿、徳利(とつくり)など。なかには燭台や干支の置物を作る人も。

 圧巻は窯焚(た)き。窯は高さ2メートルほど、三重の耐火煉瓦造り。まず1日半から2日かけて温度を300度から350度に上げる。ここから備前(岡山県)から取り寄せた赤松の薪を使う。1束は、長さ2尺(約60センチ)くらいのものが5本。受講生の応援を得て1日3交代で7日間。温度を1200度から1230度に保ちながら、じっくり約200束焚いていく。こうしてあの独特の赤褐色の備前焼が完成する。

 この窯の近くに3室からなる登り窯がある。少々古くなったのでいま解体中。だが大物を焼くには登り窯がいる。受講生も再建を望んでいるが、先生は決めかねている。

●窯元で学ぶ陶芸
朝日カルチャーセンター北九州
問い合わせ先
藤山陽見先生の講座「窯元で学ぶ陶芸」は、朝日カルチャーセンター北九州(093−521−8381)の提携教室、備前隠れ窯「陶里宛」で受講できます。〒802−0825 福岡県北九州市小倉南区横代葉山31−10

*掲載したデータは、変更されている場合もありますので、直接ご確認ください。
*本・ビデオ・DVDの値段は、本体価格です。
*本は、図書館や古書店を利用する場合のために、品切れや絶版のものも紹介しています。

2006年12月12日

PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

週刊人間国宝 ご紹介


	表紙写真

NO.30 工芸技術 陶芸(7)

ご購入はこちら

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.