現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > スポーツ東亜・韓国芸能ニュース > 記事 ここから本文エリア

イ・ヒョリの事務所、多国籍ユニットを結成へ

2006年10月09日

 イ・ヒョリ、SS501の所属事務所DSPエンターテイメントは、韓国人2人、アメリカ、中国、日本人各1人で構成された男性ユニットを来年1月にデビューさせる予定だ。メンバーは追加される可能性があり、ユニット名はまだ未定だ。

写真

韓国で最もセクシーで魅力的なタレントの1人とされるイ・ヒョリ

 DSPエンターテイメントのイ・ホヨン代表は、大阪で開かれたSS501のコンサートの会場で「韓国人2人、アメリカ、中国、日本人で構成された男性グループを来年1月にデビューさせる予定」だとして「みな海外同胞ではなく、現地でキャスティングした才能ある外国人だ。日本人メンバーは東京大学の1年生」とほのめかした。

 メンバーたちは1年間韓国で合宿生活をして、韓国語を勉強し、ボーカルやダンスのトレーニングを受ける。彼らを管理しているDSPエンターテイメントのキム・キヨン室長は「アメリカ、日本人メンバーはかなり韓国語がうまくなった」として「中国人メンバーの韓国語能力がやや不足気味だが、一所懸命に頑張っている。メンバーは追加される可能性もあって何人になるか流動的だ」と語った。

 彼らは、来春にDSPエンターテイメントが計画している武道館の合同公演にも出演する予定だ。イ代表は「DSPエンターテイメント所属歌手のイ・ヒョリ、オク・ジュヒョン、SS501、日本でデビューした双子姉妹デュオのシャイン、男性2人組みのトゥシャイ、多国籍男性グループ、11月にデビューさせる新人女性4人組みグループなどが来春、東京で合同公演を行う予定」と明らかにした。

 またDSPエンターテイメントは本格的な日本攻略のため、9月初めに東京の表参道にDSPentジャパンを設立した。イ代表は「大阪を皮切りにしたSS501の日本ツアーがこの会社の一番目のプロジェクト」だとして「来春のDSP合同公演と新人歌手の進出など、積極的な日本攻略のための足場を用意した」と説明した。


Copyright2006 東亜ドットコム 記事の無断転用を禁じます

PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.