現在位置:asahi.com>文化・芸能>芸能>スポーツ東亜・韓国芸能ニュース> 記事

「猟奇的な彼女」のアメリカリメーク版逆輸入

2008年04月02日

 国内で旋風的な人気を呼んだクァク・ジェヨン監督の「猟奇的な彼女」がハリウッドでリメークされ、韓国内に逆輸入された。

写真

「猟奇的な彼女」の印象的なポスター

 映像物等級委員会は最近ショーバックス(株)メディアフレックスの申請により、ヤン・サミュエル監督の「マイセッシーガール」(My Sassy Girl)を審議、15歳以上観覧可の等級を付けた。しかしまだ封切りの日取りは決まっていない。

 ショーバックス(株)メディアフレックス側は『国内での封切り日程はまだ決めていない』として『アメリカでもまだ封切りしていないし、普通制作した国でまず封切りした後輸入国で封切りするもの』だと語った。

 この映画で「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが演じたヒロインはエリシャ・コスバートが、チャ・テヒョンが演じた男の主人公はジェス・プレパードがそれぞれ演じた。

 コスバートはアメリカのドラマ「24」でキム・バウアー役として出演して知られており、昨年国内封切りしたホラームービー「4.4.4」でも主演した。プレパードは映画「お父さんの旗」「ハイツ」などに出演した。

 ヤン・サミュエル監督は「ラブミーイフユーゼア」を作ったフランス出身の監督だ。以前、「時越愛」をリメークしたキアヌ・リーブス、サンドラ・ブロックが主演した「レイクハウス」が2006年8月に国内封切りされた事がある。

Copyright2008 東亜ドットコム 記事の無断転用を禁じます

PR情報

このページのトップに戻る