現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 映画 > 記事 ここから本文エリア

謎解けるか「真の完結編」エヴァンゲリオン再映画化

2006年09月13日

 90年代後半に大ヒットしブームを巻き起こしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が、再映画化される。生みの親である庵野秀明監督が95〜96年のテレビシリーズを基に、新作カットも加えて4部作に再構成。テレビ版とも97年の劇場版とも違う結末を描く。謎をはらんだまま終わり「神話化」された「エヴァ」だが、「今度はきちんと決着をつける。真の完結になる」と大月俊倫プロデューサーは話す。

写真

新世紀エヴァンゲリオン

写真

大月俊倫プロデューサー=東京都内で

 「テレビ版のようにメタフィクション的な終わり方でけむに巻いたり、劇場版のように世界が終末を迎えるような不条理なラストにしたりはしない。エンターテインメント志向で、企画当初の構想に近いラスト。ずっとやりたかったが、監督がようやくその気になってくれた」と大月さん。

 「エヴァ」は、形も能力も様々な正体不明の敵「使徒」を倒すため、国連の特務機関「ネルフ」によって「汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン」のパイロットに選ばれた少年少女の闘いと苦悩を描いた物語。

 設定やデザインの斬新さ、トラウマ(心の深い傷)ゆえに対人関係に苦しむ心理描写などと並んでファンを引きつけたのが、劇中にちりばめられた数々の謎だ。だが使徒の正体、人類との関係、ネルフの本当の目的といった謎に明快な答えを示さないまま放映が終了。ファンの間で熱い論議が起こった。

 テレビ版のビデオ・DVD売り上げは累計450万枚、今も連載中のマンガ版は累計1500万部。ゲームやパチンコも人気だ。

 来夏から順次全国公開する第1〜3作は、現存する原画を再利用し新場面も加えて撮り直す。「映像の迫力はかなり増す」と大月さん。例えば、日本中の電力を使って使徒に一撃を加える場面は、新たに「日本沈没」の樋口真嗣監督が絵コンテを担当。「CGも使い、日本全体が停電していく様が、かなりのスペクタクルシーンになるはず」

 新ラストを描く第4作は完全新作で約45分。08年夏に第3作と同時上映する予定だ。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.