現在位置 : asahi.com > 文化芸能  > 日刊スポーツ芸能ニュース > 芸能 > 音楽 > 記事 ここから本文エリア
日刊スポーツロゴ

EXILE新ボーカル母校で卒業式ライブ

2007年03月02日

 7人組グループEXILEが1日、新ボーカルTAKAHIRO(22)の母校、長崎・佐世保東翔高の卒業式でサプライズライブを行った。同校卒業後、土木作業員のアルバイトを経てトップグループの一員になったTAKAHIROが、卒業生に「夢を追い続けてください」とエールを送った。

 事情を知らずに体育館に集められた卒業生らに、初めて説明が入った。「夢をかなえた皆さんの先輩が祝福に来てくれました」。同校初の有名人となったTAKAHIROの存在は「知らない子がいない状態」(鍬塚洋一郎校長)。ゲストの正体を察した生徒から、いち早く歓声が上がった。

 登壇したメンバーは新アルバム「EXILE EVOLUTION」(7日発売)の収録曲や代表曲「Choo Choo TRAIN」など3曲を披露。いすの上で総立ちの生徒をなだめていた教諭も、この時ばかりは職務を忘れ、手をたたいて喜んだ。

 昨年3月のSHUN脱退後、同9月決勝のボーカルオーディションでTAKAHIROが加入し、再始動した「新生EXILE」。同校でTAKAHIROは美容師を目指していたが、もう1つの夢だった歌手という夢をつかんだ。この夢の現状を伝えようと、1月下旬にEXILE側が同校に企画を申し出た。

 卒業生の磯本愛美さんは「この高校に入学して良かった」。金谷祐介さんは「ATSUSHIさんの通った東京の音楽専門学校に進学します。近距離で生歌を聴いて、歌手を目指す気持ちが完全に固まった」と興奮した。

 グループ初の卒業ソング「道」を披露したATSUSHI(26)は「卒業式と『道』の世界観が重なって泣きそうになった」。リーダーHIRO(37)も「毒々しいオレらが洗浄されましたよ」と笑った。そしてTAKAHIROは両親の見守る前で成長した姿を見せた。「あこがれのEXILEとして母校でライブするなんて夢みたい。最も喜んでるのは僕ですね」と感激しきりだった。



Copyright 2007 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます


PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.