メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フジロック17

フジロックフェスティバル’17

「フジロックフェスティバル’17」が7月28~30日、新潟県湯沢町で開催されました。出演アーティストや会場の様子を記者のリポートと写真で紹介します。(文・河村能宏、写真・坂本進)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

水曜日のカンパネラ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信したのをきっかけにデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  • 2012年にYouTubeに楽曲を配信しデビュー。名前の語源は、水曜日に打ち合わせが多かったから、だとか。フジロック最後の日の日曜日夜、会場となったレッド・マーキーは光と音で満ちあふれた。ボーカルのコ

  •  

THUNDERCAT

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

  • ロサンゼルス出身のベーシスト。ケンドリック・ラマーのアルバムなどでプロデューサーとしても活躍しており、ブラックミュージック界を代表するミュージシャンだ。フィールド・オブ・ヘブンに、ベース、ドラム、キー

Lorde

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  • ニュージーランド出身のシンガー・ソングライター。ナップスター創業者としても知られる実業家ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストに彼女の楽曲が入っていたことで2013年にブレークした。時に蠱惑(

  •  

レキシ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  • 池田貴文のソロユニット。戦国軍旗さながら「レキシ」と書かれたのぼり旗が立てられたステージに、合戦時に吹く法螺(ほら)貝が吹かれ、本人が登場。大化の改新をテーマにした「KMTR645」の「キュッキュッキ

  •  

JET

  • メルボルン出身のロックバンド。一度は解散したが、2016年に再開。フジロックは09年以来の出演。パワーコードのボトムリフ全開の、骨太な王道ロックをグリーンステージで響かせていた=30日午後2時53分

  • メルボルン出身のロックバンド。一度は解散したが、2016年に再開。フジロックは09年以来の出演。パワーコードのボトムリフ全開の、骨太な王道ロックをグリーンステージで響かせていた=30日午後2時57分

  • メルボルン出身のロックバンド。一度は解散したが、2016年に再開。フジロックは09年以来の出演。パワーコードのボトムリフ全開の、骨太な王道ロックをグリーンステージで響かせていた=30日午後2時56分

  • メルボルン出身のロックバンド。一度は解散したが、2016年に再開。フジロックは09年以来の出演。パワーコードのボトムリフ全開の、骨太な王道ロックをグリーンステージで響かせていた=30日午後3時1分

  • メルボルン出身のロックバンド。一度は解散したが、2016年に再開。フジロックは09年以来の出演。パワーコードのボトムリフ全開の、骨太な王道ロックをグリーンステージで響かせていた=30日午後2時59分

  •  

Maggie Rogers

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  • 米国メリーランド州出身のシンガー・ソングライター。電子色を前面に押し出しながら、それでいて温もりを感じさせるサウンド。透き通った歌声が、幻想的な空間を生み出していた。ステージを降り、観客と交流するパフ

  •  
  •  

DJみそしるとMCごはんのケロポン定食

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  • ジプシー・アバロンの会場脇にベビーカーが並び、最前列をキッズが陣取った。食いしん坊HIPHOPを名乗るふるゆわラッパーが、謎のデュオ、ケロポンズとともに登場。日本のあそび歌作家の鈴木翼が前座を務め、熱

  •  
  •  

RON SEXSMITH

  • カナダ出身のシンガー・ソングライターが、グリーンステージの3日目の1組目に登場。アコースティック色の強いバンド編成で、 カントリー色、フォーク色の強いポップソングを展開。甘く心地よいメロディーとハーモ

  • カナダ出身のシンガー・ソングライターが、グリーンステージの3日目の1組目に登場。アコースティック色の強いバンド編成で、 カントリー色、フォーク色の強いポップソングを展開。甘く心地よいメロディーとハーモ

  • カナダ出身のシンガー・ソングライターが、グリーンステージの3日目の1組目に登場。アコースティック色の強いバンド編成で、 カントリー色、フォーク色の強いポップソングを展開。甘く心地よいメロディーとハーモ

  • カナダ出身のシンガー・ソングライターが、グリーンステージの3日目の1組目に登場。アコースティック色の強いバンド編成で、 カントリー色、フォーク色の強いポップソングを展開。甘く心地よいメロディーとハーモ

  • カナダ出身のシンガー・ソングライターが、グリーンステージの3日目の1組目に登場。アコースティック色の強いバンド編成で、 カントリー色、フォーク色の強いポップソングを展開。甘く心地よいメロディーとハーモ

  •  

CORNELIUS

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時54分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後7時1分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時56分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時52分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時54分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時55分

  • 日が暮れ、あたりが暗くなってきた頃、ステージの幕に幻想的な映像が映し出されてスタート。演奏と映像がシンクロするパフォーマンスで、ビジュアルでも観客を楽しませた=29日午後6時58分

  •  
  •  

マキタスポーツ

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

  • 優れた洞察力でJ-pop界を鋭く分析するお笑い芸人で、シンガーソングライター。「15年ぶりのフジロック」とのことだか、前回は「客として」なんだとか。ギター1本で苗場食堂に登場。長渕剛のメンタリティーを

エセタイマーズ

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 忌野清志郎によく似た(?)ZERRY率いる覆面バンド、ザ・タイマーズのオマージュバンド。メンバーがどことなくアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ、the HIATUSの細美武士、BRAHMAN

  • 直前のアトミック・カフェで、津田大介さんと対談するアジアン・カンフー・ジェネレーションのゴッチ=29日午後4時12分

  •  
  •  

Cocco

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後3時5分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後2時50分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後2時54分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後2時55分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後3時6分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後3時2分

  • 今年デビュー20周年を迎えた沖縄出身のシンガー。全身を使ったパワフルな歌声と豊かな表現力で会場を圧倒。雨が降り肌寒かった苗場を一気に熱くさせた=29日午後3時5分

  •  
  •  

Jake Shimabukuro

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

  • 「ヨロシクオネガイシマブクロ!」。ハワイ出身の日系5世、ウクレレの魔術師がグリーンステージに登場。時にファンキーに、時に情感豊かに……。バンドを、ドラム、ベースのみのシンプル編成にすることで、自身が奏

サンボマスター

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  • 10年ぶりの出演。ゴダイゴのモンキーマジックをテーマに登場した。「世界をかえさせておくれよ」「青春狂騒曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」などをノイズ全開の爆音で鳴り響かせた。ボーカルの山口隆之は「10

  •  
  •  

SAMPHA

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時37分

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時38分

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時40分

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時39分

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時38分

  • ロンドン出身のR&Bシンガー。ネクスト・サム・スミスと言われる美しい歌声で、観衆を魅了した=28日午後8時38分

The xx

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時29分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時28分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時31分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時23分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時25分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時30分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時25分

  • ロンドン出身の男女混合3人組。幻想的で、どこか神秘性を感じさせる演奏で、独特のグルーブと世界観を生み出していた=28日午後7時27分

  •  

FATHER JOHN MISTY

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

  • ジョシュア・マイケル・ティルマンという米シンガー・ソングライターのソロプロジェクト。フォーク~ブラックミュージックまで多彩な音楽性を背景に、米国社会への批判をユーモアに還元して歌う姿が、インディーズの

RADWIMPS

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時5

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時5

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時5

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時5

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時3

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時3

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時4

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時4

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時2

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時5

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時4

  • 日本のロックシーン最前線を走るバンドのグリーンステージ登場に、女性客が殺到した。冒頭「夢灯籠」「前前前世」と、大ヒット映画「君の名は。」の劇中歌を披露し、いきなり興奮が最高潮に達した=28日午後5時4

トータス松本

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

  • ドラマー池畑潤二が率いる、おなじみのフジロック限定バンド「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」。トータス松本、仲井戸麗市、加山雄三らをゲストに招き、タイトでブルージーな演奏を

Train

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

  • グラミー賞受賞経験もある米国西海岸出身のロックバンド。軽快なリズムとサウンドに印象的なサビを乗せ、場内を沸かせた。ボーカルのパット・モナハンが、サイン入りシャツを観客席に投げ込むパフォーマンスも。デビ

グループ魂

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

  • 阿部サダヲや宮藤官九郎ら、劇団大人計画のメンバーが結成したパンクバンドが、グリーンステージの幕開けを飾った。パンクのビートに下ネタ全開の歌詞を乗せるなど、会場を盛り上げた。MCでボーカルの港カヲル(皆

今、あなたにオススメ(PR)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ