現在位置:asahi.com>文化・芸能>文化>文化一般> 記事

美術史家の若桑みどりさん死去

2007年10月03日21時11分

 ジェンダーの視点からの美術史研究で知られる、千葉大名誉教授の若桑みどり(わかくわ・みどり)さんが、3日午前3時ごろ、虚血性心不全のため、東京都世田谷区の自宅で死去した。71歳だった。通夜は5日午後6時、葬儀は6日午後1時30分から東京都世田谷区北沢1の45の12のカトリック世田谷教会で。喪主は長男比織(ひおり)さん。

 東京生まれ。東京芸大卒業後、イタリア留学を経て東京芸大教授、千葉大教授、川村学園女子大教授を歴任。イタリア美術史が専門で、美術における女性の位置についてのジェンダー研究や発言も多く、ジェンダー文化研究所を主宰している。80年に「寓意(ぐうい)と象徴の女性像」でサントリー学芸賞、「薔薇(ばら)のイコノロジー」で84年度芸術選奨文部大臣賞、03年に紫綬褒章。04年には「クアトロ・ラガッツィ――天正少年使節と世界帝国」で大佛次郎賞を受賞している。

 ロシア文学者の川端香男里さんの妹。

PR情報

このページのトップに戻る