現在位置:asahi.com>文化・芸能>文化>文化一般> 記事

トレビの泉が真っ赤に 何者かが塗料投げ込む

2007年10月21日17時44分

 映画「ローマの休日」「甘い生活」などで知られるローマの「トレビの泉」に19日、何者かが塗料を投げ込み、噴水が突然真っ赤に染まった。

写真

真っ赤に染まった「トレビの泉」を見る観光客ら=ロイター

 水を循環使用している「泉」からはたちまち赤い水が噴き出し、観光客らはぼうぜん。必死の浄化作業で大理石の被害は防がれたが、犯人は人込みに紛れ、逃走した。

 残されたビラには、開幕したばかりのローマ国際映画祭の赤じゅうたんを皮肉る言葉も。「灰色のブルジョア社会を朱に染めてやる」などと書かれていた。

PR情報

このページのトップに戻る