現在位置:asahi.com>文化・芸能>文化>文化一般> 記事

士郎と海原雄山、ついに和解 「美味しんぼ」25年で

2008年05月13日19時08分

 25年にわたって激しく反目してきた父子が、ついに和解――。人気漫画「美味(おい)しんぼ」の主人公、新聞社の文化部記者山岡士郎と、北大路魯山人をモデルにしたとみられる美食家の父親海原雄山。83年から週刊「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で、2人のグルメ対決が続いてきたが、12日発売の同誌で、父子は静かに向かい合ってワイングラスを傾け、長年の確執をといた。

写真「美味しんぼ」の第100巻。雄山=上左=と山岡=同右=の確執が物語の柱だった

 原作者の雁屋哲さんは自身のブログで「5月12日は私にとって特別な日である。……『美味しんぼ』に一区切りをつけるからだ」と感慨をつづった。今後はしばらく休載、秋から「日本全県味巡り」をテーマに再開する予定。

 「美味しんぼ」は単行本が101巻まで刊行中で、累計発行部数は1億2千万冊。アニメやゲーム、ドラマ、映画でも親しまれている。

PR情報

このページのトップに戻る