現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

現代マンガの「進化論」刊行 南信長さん

2008年5月28日15時50分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 本紙読書面「コミックガイド」などでマンガ評を執筆しているマンガ解説者、南信長さんによる『現代マンガの冒険者たち』が刊行された。

 手塚治虫ら草創期のマンガ論や作家論の著作は少なくないが、マンガ表現が急速に多様化し始めた70、80年代以降のまとまったマンガ論はあまりない。64年生まれの南さんは「自分が読んできた現代マンガの流れの全体像を俯瞰(ふかん)する、いわば現代マンガの進化論を書いてみた」と話す。

 「ビジュアルの変革者」「ギャグマンガの系譜」「ストーリーテラーの世界観」など五つのテーマで、代表的作家の特徴や影響を系譜図付きで解説した。独特のリアルな作画でマンガ表現に革新をもたらした大友克洋や、画力において「カリスマ的存在」の井上雄彦ら。ギャグマンガにポップアートの斬新さを持ち込んだ江口寿史、従来の4コママンガの文法を破壊した、いしいひさいちなど、それぞれの作品世界を読み解き、現代マンガの多様さや魅力を改めて紹介している。

 年間100本以上のマンガ評を手がける著者による、現代マンガ史の「教科書」ともいえる著作だ。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

朝日いつかは名人会ガイド

第5回公演の模様を収録したオーディオブック(音声のみ、有料)をダウンロード販売中です!
落語はもちろん、会場の爆笑を呼んだトークのコーナーを含む全編収録版と、柳家喬太郎「一日署長」だけの真打ち版、あわせて2種類です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
オーディオブックの発売にあわせて、ダイジェスト版の動画も、インターネット上に流しています。オーディオブックと同様、こちらのページをご覧ください。