現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

消しゴム版画5000点 ナンシー関さん「大ハンコ展」

2008年6月7日11時30分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真

 6年前に39歳で急死した消しゴム版画家ナンシー関さんの「大ハンコ展」が東京・渋谷のパルコファクトリーで開かれている。都内のアトリエに残されていた原版が実に5千点余り。彫り跡は鮮やかで、有名人の似顔絵に添えられた特徴的な一言が、いまなお生々しい。

 展示品の大半は刷られたことのある消しゴムで、雑誌や新聞を飾った作品ばかり。青森から上京後、12年間一緒に住み創作を見てきた妹の米田真里さんは「ビデオ録画したテレビ番組を一時停止、トレーシングペーパーを張って写し、縮小コピーしてから彫っていた時期もありました。構図が決まれば10分以内で仕上げていた」と振り返る。

 いずれも市販の消しゴムをカッターナイフで彫っており、見て、彫る、その繰り返しの集大成だ。これだけの原版が公開されるのは初めてで、同郷の版画家棟方志功の集中力をほうふつとさせる。

 文章も切れ味が鋭く、テレビ評や人物評が読み返され、関連書の出版は死後も相次いでいる。展示室には仕事場が再現され、十代のころから愛聴したビートたけしの深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」の録音テープも残されている。

 版画では辛口であっても、彫り跡から、モデルとなった人物への愛情の深さがうかがわれるようで、大回顧展の趣すらある。15日まで。(秋山亮太)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

朝日いつかは名人会ガイド

第5回公演の模様を収録したオーディオブック(音声のみ、有料)をダウンロード販売中です!
落語はもちろん、会場の爆笑を呼んだトークのコーナーを含む全編収録版と、柳家喬太郎「一日署長」だけの真打ち版、あわせて2種類です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
オーディオブックの発売にあわせて、ダイジェスト版の動画も、インターネット上に流しています。オーディオブックと同様、こちらのページをご覧ください。