現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

グーグルのデジタル化構想批判 ジャンヌネー氏に聞く

2009年9月12日10時51分

 フランスの国立図書館長だった05年に『Googleとの闘い――文化の多様性を守るために』を著して国際的な反響を呼んだ仏歴史学者ジャンノエル・ジャンヌネーさん(67)は、グーグルによるデジタル化した書籍の全文検索サービス構想を批判する欧州の代表的な論客だ。日本の国会図書館の招きで訪日、講演するのを前に、パリで話を聞いた。

 ――構想の問題点は。

 デジタル化自体はすばらしい。問題は人類の遺産のデジタル化なのに、一米国企業による独占的な状況が生まれる点だ。英語の書籍が多くなり、アングロサクソン的な見方が優先されるおそれがある。例えば、仏革命はギロチンによる国王処刑が強調され、打ち出された人権思想がなおざりにされかねない。

 グーグル検索は広告を伴う。書籍を利用して利益をあげるということだ。

 ――世界の著作権者を巻き込む米国での集団訴訟で、賠償金の支払いを盛り込んだ和解案が注目されますが、反発も根強いのはなぜでしょう。

 米国は自由市場の国だが、一方で独占には厳しい国だからだ。巨大な石油会社が解体された事例もある。グーグルが書籍のネット販売に乗り出す可能性への懸念もある。和解案を裁判所が認めない事態もありうるのではないか。

 ――グーグル構想には、どう対応すべきですか。

 構想は私が国立図書館長だった時に公表され、グーグル幹部がパリに協力を求めに来たが、私は断った。私の構想は、欧州各国政府が参加する図書館。当時のシラク大統領の支持も受け、今の欧州デジタル図書館(EUROPEANA)につながった。

 ――ただ、欧州の「地域主義」と批判もされました。

 世界各地域で、主要な国立図書館や出版社が合意のうえ、人類の文化遺産となる書籍を組織だった方法で選択し、いずれは世界に流通させるシステムを作るべきだ。(パリ=飯竹恒一)

    ◇

 国会図書館での講演は、15日、東京都千代田区の東京本館と、17日、京都府精華町の関西館。定員に達したため、聴講の申し込みは締め切っている。問い合わせは同図書館(03・3581・2331)へ。

    ◇

 欧州デジタル図書館 正式にはEUROPEANA(http://www.europeana.eu)。欧州連合(EU)加盟国の国立図書館や文化機関が所蔵する書籍、写真、古文書、絵画などのデジタル化された情報に無料アクセスできる。昨年11月スタート、EUは10年までに1千万点に拡大することを目標に掲げている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

朝日いつかは名人会ガイド

第5回公演の模様を収録したオーディオブック(音声のみ、有料)をダウンロード販売中です!
落語はもちろん、会場の爆笑を呼んだトークのコーナーを含む全編収録版と、柳家喬太郎「一日署長」だけの真打ち版、あわせて2種類です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
オーディオブックの発売にあわせて、ダイジェスト版の動画も、インターネット上に流しています。オーディオブックと同様、こちらのページをご覧ください。