現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

「ひですの経」、米で発見 江戸初期に長崎で印刷

2009年9月17日16時47分

写真:「ひですの経」の表紙。左側に「御出世以来千六百十一年」の文字「ひですの経」の表紙。左側に「御出世以来千六百十一年」の文字

 江戸時代の初期、イエズス会が長崎で印刷した「ひですの経」が米ハーバード大の図書館で見つかった。20世紀初頭にドイツの古書店の目録に掲載され存在は知られていたが、その後、行方がわからなかった。徳川幕府の弾圧下で作られて400年、流転の末にようやく内容が明らかになった。

 見つけたのは日本大講師の折井善果さん。日本とスペインの交流史を専門とする折井さんは、日本関係の書籍・美術品の収集家として知られるE・G・スティルマン(1881〜1949)の蔵書を調べていて、「1611年」という古い本に気づいた。これが「ひですの経」だった。縦27.9センチ、横19.3センチで美濃紙に刷られていた。欧文書を所蔵する図書館の蔵書だったため、日本の研究者の目が届かなかったらしい。

 豊臣政権が厳しく弾圧したのに対し、徳川幕府は当初、キリシタンに寛容だった。しかし政策は徐々に転換。12年には京都の教会堂を破却し、13年には禁教令を出している。「ひですの経」はそうした時期に印刷されていた。

 スペイン人説教師ルイス・デ・グラナダの著作「ヒイデスの導師」の翻訳と考えられてきたが、この発見でグラナダの「使徒信条入門第一巻」の翻訳と分かった。創造主の存在を当時の生物学や天文学をもとに証明する内容だ。

 翻訳者の名前はないが、校閲者として天正少年使節の一人の原マルチノの名前が記されていた。「原はリスボンで実際にグラナダに接見しており、大説教師に出会った感動が背景にあるのだろう」と折井さんは見る。

 イエズス会が布教や語学教育のために日本で刊行した書物はキリシタン版と呼ばれるが、幕府のその後の徹底した禁教政策のため、断簡を含めても32種しか現存しない。東京外大の豊島正之教授は「グラナダの広範にわたる博物学的記述や哲学的抽象概念を日本語に翻訳しようとした苦心の産物で、語彙(ごい)史、文化史、宗教史、翻訳論など様々な分野の研究に進展をもたらすだろう」と語っている。(渡辺延志)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

朝日いつかは名人会ガイド

第5回公演の模様を収録したオーディオブック(音声のみ、有料)をダウンロード販売中です!
落語はもちろん、会場の爆笑を呼んだトークのコーナーを含む全編収録版と、柳家喬太郎「一日署長」だけの真打ち版、あわせて2種類です。詳しくはこちらのページをご覧ください。
オーディオブックの発売にあわせて、ダイジェスト版の動画も、インターネット上に流しています。オーディオブックと同様、こちらのページをご覧ください。