現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

『廃墟に乞う』で直木賞 佐々木譲 冒険を恐れず 転機を拒まず(1/2ページ)

2010年1月29日14時50分

写真:作家 佐々木譲氏作家 佐々木譲氏

 初めて小説を書いてから、三十一年になる。去年、もう三十年も書き続けていらっしゃるのですね、という意味のことをよく言われ、そういえばこのところ若手とも中堅とも言われなくなったわけだと気がついた。

 このあいだに、いくつか小説家としての転機と呼べることがあった。自分で意識的に選んだときもあるし、与えられたときもある。たとえば、青春小説からハードボイルド・ミステリーを書き出すきっかけは、何人かの編集者さんたちからたて続けに、あなたはハードボイルドや冒険小説がお好きなはずだ、と指摘されたことだった。その編集者さんたちから、好きなら書いてみませんか、とうながされたことが、わたしのキャリアの最初の転機であったろう。

 環境を選び取ることで、転機がきたこともある。あふれかえる資料の収納に音を上げて、とにかく書庫を建てようと北海道東部に仕事場を建てたことも、結果としてわたしの主題を大きく変えてくれた。これだけスペースがあるならいくらでも資料を集めることができると、本の購入制限を取っ払ったときから、わたしの主ジャンルは歴史小説となった。『武揚伝』『天下城』などの長大な歴史小説を、資料の山に埋もれて書けたのは、あの環境あってのことだ。

■マルティン・ベックが転機

 このところわたしは、警察小説を中心に書いているけれども、これは角川春樹事務所社長の角川春樹氏のひとことがきっかけだった。

「マルティン・ベック・シリーズを書きませんか」

 若い時分にわたしが愛読したシリーズの名を出されて、わたしは狂喜する想(おも)いだった。自分にあのシリーズのような、壮大にしてラジカルな警察小説が書ける? 書く機会を与えてもらえる? 

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介