現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

「障害者」か「障碍者」か 「碍(がい)」を常用漢字に追加求め意見(1/2ページ)

2010年4月5日11時40分

 障害者ではなく障碍(しょうがい)者と書けるように、「碍」を常用漢字にしてほしいという声が高まっている。「改定常用漢字表」に関する試案をまとめた文化審議会国語分科会の漢字小委員会は、6月予定の答申に向けて詰めの作業に入ったが、追加字種の中で碍の扱いは焦点の一つとなりそうだ。

 戦前は障害や障碍、障礙(しょうがい)(礙は碍の本字)が妨げの意味で使われた。戦後、碍は当用漢字にも常用漢字にもならず、障害が定着した。ただ、害は負のイメージが強く、最近は「障がい」を使う自治体が増えてきた。政府の「障がい者制度改革推進本部」も表記を見直し始めている。ちなみに日本の障害者に相当する表記は中国が残疾人、台湾が障礙者、韓国が障碍人などだ。

 試案では、使用頻度が少ないといった理由から碍の追加は見送られた。しかし文化庁が昨年末、試案への意見を募ると、碍の追加希望は86件に達し、障害者自身からもこんな声が寄せられた。「読み書きする時に、害の字のもつマイナスイメージにいつも不快感がつきまとう」「害という漢字が嫌なのです。私たちは確かに妨げになるものをかかえているかもしれませんが、世の害ではありません」

 自治体にも動きがある。大阪府吹田市は昨年末、障害者に替わる呼称を市民らから募集した。障害は人ではなく社会にあり、障害という表現を人に使うのはふさわしくないとの判断からだ。障碍など85件の意見が寄せられ、検討委員会で話し合う予定だった。しかし同市議会が3月末、丁寧な意見集約が必要などとして作業の一時中止を求める決議を行うなど、慎重な判断を求める声も一方にはある。

 また佐賀県の古川康知事は2月、文化審議会に碍の追加を要望し、改革推進本部にも障害者に替わる表記として障碍者を候補にと求めた。「障がいというまぜ書きは漢字文化になじまない。害するという意味のない碍を採用すべきです」と古川さん。私的な文章では障碍と表記している。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

瑞々しい新曲と、永遠に色褪せない名曲の数々。全30曲を収録したソロ活動の集大成アルバム

詩人同士の夫婦の破綻した結婚生活を描きながらも、もうひとつの「夫婦愛」を感じさせる力作長篇

永遠の名作『タイタニック』が待望のブルーレイ化!

30分でおいしい浅漬けが楽しめる話題の商品!

ピックアップ作品…「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」「J・エドガー」「50/50 フィフティ・フィフティ」他

急須なしならお茶も楽々♪茶葉はもちろん、ティーバッグでもOK。ティーバッグの置き場所にもなり、オフィスでも大活躍!


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介