現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事

震災語る哲学カフェ 対話を重ね考え続ける場(1/2ページ)

2011年6月1日11時10分

写真:渡部純教諭(左)の進行で開かれた「てつがくカフェ@ふくしま」=福島市置賜町拡大渡部純教諭(左)の進行で開かれた「てつがくカフェ@ふくしま」=福島市置賜町

写真:ファストフード店で開かれた「仙台哲学カフェ」=仙台市宮城野区拡大ファストフード店で開かれた「仙台哲学カフェ」=仙台市宮城野区

 被災者を前に、哲学は有効か。東北など全国に広がる「哲学カフェ」と呼ばれる場で、東日本大震災をテーマにした議論が始まっている。体験や意見を語り、対話を深め、未曽有の震災と向き合おうとしている。

■「なぜ生き残ったか」

 JR福島駅近くの多目的スペースで21日、第1回となる「てつがくカフェ@ふくしま」があった。テーマは「いま、〈ふくしま〉で哲学するとは?」。参加者は参加費200円を払い、コーヒーを手に着席した。

 「こんなテーマで始めたくなかったんですけど」

 主催者の一人、小野原雅夫福島大教授(倫理学)が切り出した。もとは3月下旬、「〈ともだち〉とは誰か?」とのテーマで初開催を迎えるはずだった。テーマを変え、参加者はそれぞれの3・11後を語った。

 対等な立場で対話するため、哲学カフェでは「○○さん」と呼び合う。佐藤さん(23)は「すごい能力を持っているのに亡くなった人もいる。その中で生き残り、何をすればいいのか……」と心情を吐露した。

 杉岡さん(35)は、沿岸部と内陸部で被害に差があった相馬市から来た。「なぜ私たちが生き残ったのか。生き残った人に『なぜ選ばれたと思うか』と尋ねても、結論は出ない」

 参加者は、人の生死という深遠な「命題」を語るものの、対話がかみ合うのは容易ではない。しかし、哲学用語を駆使して議論をするだけが哲学ではない。

 進行役を務めた福島商高の渡部純教諭は言う。「市井の人が語る言葉が、いかに普遍的なものに通じるか。対話を通じ、問いを突き詰めていけば、哲学は力を持てるのではないか」

 一方、宮城では、中断していた哲学カフェが再開し始めた。4月末、JR仙台駅近くのファストフード店。東北大の永本哲也専門研究員らが昨年から続けている「仙台哲学カフェ」が開かれた。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

原発事故直後、自衛隊にある、表に出ない部隊に東電社員救出の命が下った。秘匿の作戦だった。

旧満州移民と原発。二度も国策に裏切られ、暮らしを奪われた人々は避難先で何を思う。

大都市湾岸部に集中する石油コンビナートやガス基地の耐震化策はどうなっているのか。

日清戦争の屈辱を晴らすための念といえる「中国夢」とは?習新体制の対日外交を占う。

人命優先で後回しにされた動物たちの「いのちの記録」は重い教訓を残している。

魚の放射能汚染を調べたいのに、船も検出器も技術もない――海に生きる人々の苦悩を追う。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介