現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事
2012年4月7日10時39分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

絵巻満開 傑作相次ぎ公開 東京と静岡で(1/2ページ)

写真:「吉備大臣入唐絵巻」(部分、平安時代・12世紀後半、ボストン美術館蔵)。吉備大臣が幽鬼とともに宮殿に忍び込んだ場面
All photographs (C) 2012 Museum of Fine Arts, Boston.拡大「吉備大臣入唐絵巻」(部分、平安時代・12世紀後半、ボストン美術館蔵)。吉備大臣が幽鬼とともに宮殿に忍び込んだ場面 All photographs (C) 2012 Museum of Fine Arts, Boston.

写真:「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」(部分、鎌倉時代・13世紀後半、ボストン美術館蔵)
All photographs (C) 2012 Museum of Fine Arts, Boston.拡大「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」(部分、鎌倉時代・13世紀後半、ボストン美術館蔵) All photographs (C) 2012 Museum of Fine Arts, Boston.

写真:伝岩佐又兵衛筆「浄瑠璃物語絵巻」(部分、江戸時代・17世紀、MOA美術館蔵)拡大伝岩佐又兵衛筆「浄瑠璃物語絵巻」(部分、江戸時代・17世紀、MOA美術館蔵)

 「吉備大臣入唐(にっとう)絵巻」や「平治物語絵巻」など、絵巻の名品の数々がこの春、東京と静岡で相次いで公開される。絵巻は、絵と詞書(ことばがき、説明文)で物語を展開する、中世に開花した日本美術の一大ジャンル。ほとんどの作品の全画面を鑑賞できる、まれな機会となる。

 東京国立博物館(東京都台東区)で開催されている「ボストン美術館 日本美術の至宝」展(6月10日まで)。「吉備大臣入唐絵巻」(12世紀後半)4巻と「平治物語絵巻」(13世紀後半)の「三条殿(さんじょうどの)夜討巻(ようちのまき)」1巻との、それぞれ全画面が展示されている。

 「吉備」は、実在の遣唐使・吉備真備(まきび)をモデルとし、唐側の策略を打ち破って宝物を日本に持ち帰るという説話。幽鬼の協力を得て空を飛び、奇策で囲碁対決に勝利するなどの活躍を、温雅でユーモラスな筆致で描く。「平治」は、平清盛ら平家が勢力を伸ばすきっかけとなった平治の乱(1159年)を題材にした合戦絵巻。炎上する宮殿や凄惨(せいさん)な戦闘場面を克明に描写する。

 絵巻は現代の漫画やアニメの源流とみることもできるが、東京国立博物館の田沢裕賀研究員は「たとえていえば、『吉備』は一定のテンポで物語が進む紙芝居、『平治』はある時空間をカメラで追いかけた冷徹なドキュメンタリー」と話す。

 ともに極めて貴重な絵巻だが、「平治」は明治期に、「吉備」は1930年代に売却され、現在は共に米ボストン美術館が所蔵する。「吉備」の海外流出がきっかけとなって、今日の文化財保護法の前身ともいえる重要美術品に関する法律が制定された。

 なお、「平治」は国内に伝わる別巻も公開される。「六波羅(ろくはら)行幸巻(ぎょうこうのまき)」(国宝)は4月17日〜5月27日、東京国立博物館で。「信西巻(しんぜいのまき)」(重要文化財)は4月14日〜5月20日、静嘉堂(せいかどう)文庫美術館(東京都世田谷区)で。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

現代フランスの極めて独創的な美術評論家によって書かれた、16世紀スペインの画家グレコをめぐる繊細にして特異なる美術エッセー

砂漠に不時着した主人公と、彼方の惑星から来た「ちび王子」の物語。「大切なことって目にはみえない」。

詩人同士の夫婦の破綻した結婚生活を描きながらも、もうひとつの「夫婦愛」を感じさせる力作長篇

安全で豊かな社会、長寿国、だけどなんとなく「不幸」なのはなぜ?

中学1年の時、「一緒にダイエットしよう」と誘われたのがきっかけだった…。

本土復帰から40年。1990年以降、8人の総理はそれぞれ何を語ったか。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介