現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事
2012年6月9日10時57分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「生」の象徴 光に求めて 写真家・川内倫子個展

写真:自作の前で語る川内倫子拡大自作の前で語る川内倫子

写真:川内倫子「無題」(「イルミナンス」より、2009年)拡大川内倫子「無題」(「イルミナンス」より、2009年)

 柔らかな光をはらんだ表現で木村伊兵衛写真賞などを受けてきた写真家の川内倫子(りんこ)(1972年生まれ)の個展が、東京都写真美術館で開かれている。凝った展示空間に映像作品も加わり、川内作品の新たな読み込みが可能になっている。

 最初の展示は廊下のように長く、その両側に「イルミナンス」と題された2007〜11年の作品群が並ぶ。しかも壁も床も白一色で「神聖な空間になった。写真に見られている感じになって面白い」と川内。

 ふっとした瞬間の事物を淡い色調でみずみずしくとらえる作風は健在。さらに別の展示室の新作まで、炎や鏡に反射する光、森に指す光跡といった、光源そのものを狙った作品が目立っていることに気づく。

 「ますます光に向かっていると感じる。光は『生』の象徴。さまざまな事件や震災もあり、無意識のうちに求める本能が出ているのだと思う」と話すのだ。

 一方、「生理的にはこちらの方が合っているのではないかと思うほど楽しかった」というビデオによる映像作品も3点出ている。

 映像も光をはらみ、写真によく似ている。逆にいえば川内の写真には、時間表現である映像にきわめて近い部分があるのだ。

 それは、気配や揺らぎといった、うつろう時間を画面に内包している証しともいえる。(大西若人)

 ▽7月16日まで、東京・恵比寿ガーデンプレイス内の同館で。最終日をのぞく月曜休館。1日まで、恵比寿1の18の4のTRAUMARIS・SPACEでも被災地の写真などを展示。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

愛犬、ペットと遊んで、食べて、泊まれる厳選アメニティスポットをご案内

やさしいまなざしで描かれた子どもや花、童話の絵。時代を越えて愛され続ける画家いわさきちひろの商品を集めました

震災の津波で店や商品を流されても、再び店に立つ。「あきんど」たちを紹介。

国や政財学界、メディアがもたらした原発「安全神話」の原点を描く。

2012年上半期 朝日新聞デジタル DVDランキング

「THIS ISシリーズ」に最新の「THIS IS CLASSIC」が登場!


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介