現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事
2012年6月11日11時4分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

異端美術書27年の歴史を集大成 新宿・紀伊國屋で回顧展

回顧展「トレヴィルの美術書 1985-2012」の模様を動画で

写真:東日本大震災のとき、編集部の床に大判の画集が書架から散らばった光景を再現したという=東京・新宿の紀伊國屋画廊拡大東日本大震災のとき、編集部の床に大判の画集が書架から散らばった光景を再現したという=東京・新宿の紀伊國屋画廊

写真:ポーランドの画家・ベクシンスキの作品にインスパイアされた吉田良「果てのない待機」(2011)拡大ポーランドの画家・ベクシンスキの作品にインスパイアされた吉田良「果てのない待機」(2011)

写真:1990年に交通事故で死去した人形作家・天野可淡の「タンバリンを持つ少年」(1990)。独特のなまめかしい魅力を放つ数々の球体関節人形を創作、今なお根強い人気を誇る拡大1990年に交通事故で死去した人形作家・天野可淡の「タンバリンを持つ少年」(1990)。独特のなまめかしい魅力を放つ数々の球体関節人形を創作、今なお根強い人気を誇る

写真:空山基の画集「ガイノイド・リボーン」(エディシオン・トレヴィル)より。エロチックなサイボーグ女性を超現実的に描いた空山作品の評判は海外でも高い拡大空山基の画集「ガイノイド・リボーン」(エディシオン・トレヴィル)より。エロチックなサイボーグ女性を超現実的に描いた空山作品の評判は海外でも高い

写真:自らの体をキャンバスとした表現に取り組むルーカス・スピラの写真集を示す、エディシオン・トレヴィルの川合健一さん。「身体改造芸術は都市文明の行き詰まりの果てに出現した」という=東京・新宿の紀伊國屋画廊拡大自らの体をキャンバスとした表現に取り組むルーカス・スピラの写真集を示す、エディシオン・トレヴィルの川合健一さん。「身体改造芸術は都市文明の行き詰まりの果てに出現した」という=東京・新宿の紀伊國屋画廊

 死の匂いと廃虚の美に満ちた画集、写真集を世に送り続けて27年。都内の小出版社による回顧展「トレヴィルの美術書 1985―2012」が、東京・新宿の紀伊國屋画廊(紀伊國屋書店新宿本店4階)で開かれている。異端の美術などを扱った書籍約300点に加え、映画「エイリアン」のデザイナーとして名をはせたH.R.ギーガー、球体関節人形の開祖と呼ばれるハンス・ベルメール、ハイパーリアリズムの画法で女性サイボーグを描く空山基(はじめ)、狂気や痛みを主題に旺盛な活動を繰り広げている日本画家・松井冬子らの絵画やオブジェなど約60点を展示。闇の魅力にひかれるマニアたちの静かな人気を集めている。(朝日新聞デジタル編集部・戸田拓)

 主催はエディシオン・トレヴィル(東京都渋谷区)。セゾングループの出版レーベルとして1985年に設立された前身の「トレヴィル」時代から今日まで、国内外の前衛的な美術表現を紹介し続けてきた。

 今回の展覧会は、繁華街・新宿の一角で新人らに発表の場を提供してきた紀伊國屋画廊が今年いっぱいで閉鎖されることに伴い、数々の展覧会を同画廊で開いてきた同社が惜別のため企画した。紀伊國屋書店は1927年(昭和2年)に創業者・田辺茂一が新宿の現在地で開店した当初からギャラリーを併設。その後戦災などで建て替えたときにもギャラリーを維持し、書籍販売以外の文化活動にも力を注いできたという。男性ヌードや人体改造をテーマとしたコラージュなど、既成のモラルに挑戦するような展示の数々を、エディシオン・トレヴィル代表の編集者・川合健一さん(54)は「ある大きな時代の終わり、つまり我々がまさに終末世界のただ中にあることを強く感受した美術家たちの表現の結晶」と話す。

 展覧会のサブタイトルは「崩壊する世界と絶滅種としての書籍、そのエロスとタナトス」。川合さんは「グーテンベルクの開発した活版印刷システムは世界を変えたが、いまIT革命が紙メディアとしての書籍を終わらせようとしている。『本』は美術工芸の世界でしか生きられなくなるかもしれない」と言う。

 滅びの予兆をはらんだ芸術表現を主に扱ってきた同社。画集制作に当たっても「廃虚として価値が残る本づくり」のため造本にこだわり手のかかる特装版を数多く手がけてきた。画廊の床などに並べられた数々の美術書には、「単なる情報の器でなく物質感、アウラ(複製芸術では失われる固有の霊気)のあるもの」を目指した歳月が凝縮されている。

 「絶滅種」と言いつつ、川合さん自身は必ずしも本の未来を悲観してばかりはいない。「紙は電池が切れることはないので、モノとして残れば何百年先も手に取って読むことはできる。それにガジェット大国である日本は、本を面白くできる素材や加工技術の資源がとても豊富。本の可能性はまだなくなったわけではない」

 12日まで、入場無料。会場では特装版などの希少在庫も数量限定で販売している。問い合わせはエディシオン・トレヴィル(03・6418・5968)。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

現代美術史に呪術的球体関節人形誕生を刻印し、日本の創作人形世界に多大な影響を与えた貴重な人形写真集

若い女性を中心に大きな支持を集める新進気鋭の画家・松井冬子の創作現場に初めて密着、「痛み」が「美」へと変貌する秘密を探る

「痛み」を制作の出発点とし、恐怖、狂気、ナルシシズムなどをテーマに制作。新進気鋭の画家、松井冬子の作品集

松井冬子展(横浜美術館)公式カタログの書籍化。新作を含め本画、下図、コラージュ等107点収録。松井作品のエッセンスを集約。

日本初の快挙「世界記憶遺産」登録。世界が認めた「ヤマ人の記憶」

心を病む教師を長年にわたり診察してきた精神科医の警告と提言


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介