現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事
2012年6月13日10時56分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

〈旬〉インナービューティープランナー・木下あおい きらきらきれい、体の内側から

写真:木下あおい=谷本結利撮影拡大木下あおい=谷本結利撮影

 「体の内側から美しく」。インナービューティープランナーを名乗る26歳の管理栄養士は、きれいになりたい女性たちにこう呼びかける。

 都内で玄米菜食の料理を作って試食する女子会「きらきら会」を毎月開く。バナナのお豆腐ムース、ハトムギのカラフル亜麻仁油サラダ……。「健康的な上に、かわいくておいしい」。ブログや交流サイト(SNS)を通じて20〜30代の女性を中心に評判になり、女性ファッション誌でレシピを紹介する連載を持つ。お豆腐料理も得意で、昨年から、業界団体の「おとうふ大使」だ。

 大学生の頃までは「美しい=やせること」。炭水化物は敵で、高校時代のお弁当はご飯の代わりにキャベツだった。食卓に煮物が並べば、砂糖を嫌い、洗ってから食べていた。

 それが、数年前、玄米菜食がテーマのセミナーに参加して一変。「玄米や有機野菜の食事に切り替え、便秘や肌荒れが解消した。体の内側がボロボロだったらきれいじゃないと思うまでになった」。セミナー講師の料理教室に通い詰め、料理のいろはを徹底的に学んだそうだ。

 感動を「女の子たちにいっぱい会って伝えたい」。きらきら会は全国展開させるつもりだ。(河村能宏)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介