現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 文化
  4. トピックス
  5. 記事
2012年7月4日10時51分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

奔放な帝王、克明に 小松茂美の遺作『後白河法皇日録』

 公家から武家へ、変革期の帝王・後白河法皇(1127〜92)の生涯を、同時代の貴族の日記など記録でたどった『後白河法皇日録』が刊行された。一昨年、85歳で亡くなった古筆学者の小松茂美が晩年に手がけていた遺作。法皇の起伏に富んだ66年の日々に、興味つきない。

 平安から鎌倉期の文献や名筆の断片から、当時の政治や文化を学際的に研究するのが古筆学だ。「古今東西、胎児の頃から死までの記録が後白河ほど詳しく残る帝王はいない」と生前、小松は語っていた。そもそもは1999年、「梁塵秘抄」の断簡が新しく見つかり、後白河法皇の自筆かどうか鑑定するために法皇自身を調べ始めたのだ。

 NHK大河ドラマ「平清盛」でも重要な役割をしめる後白河は、鳥羽天皇の第四皇子で、天皇になる目はなく、当時のポップミュージックといえる今様に没入。ところが数え年29歳で天皇、32歳で上皇になり、院政を敷いて「梁塵秘抄」を編集。

 藤原頼長の「台記」を始め当時の貴族が残した数十の日記、朝廷の記録などから後白河に関係する部分を選び、日ごとに並べる。単純そうだが、日記は全部漢文で、人物は官職だけしか書いてない。官位の記録である公卿補任(くぎょうぶにん)で人物を特定し、独自に生没年表を作って年齢も加えた。

 下々を招き入れて博奕(ばくち)に入れあげ(1168・5・11)、捕まった強盗を御所に召して盗みの秘術を聞き出す(1178・12・25)後白河は、摂政の藤原兼実が訪れても「双六(すごろく)に夢中」で待ちぼうけを食わせる(1186・3・28)。兼実は、日記「玉葉」でたびたび後白河を糾弾。「嬰児(えいじ)の如(ごと)き無防備、禽獣(きんじゅう)の如(ごと)き貪慾(どんよく)」と、激越に憤った(1183・8・12)。

 小松はこの『日録』を基に研究編『後白河法皇史』を書き始めたが、道半ばとなった。『日録』を補訂した弟子の前田多美子は「一人の帝王の克明な日並みの記録は、さまざまな分野で基礎資料になる」と語る。

 別冊として、系図や年譜に加え、当時の管弦の遊びの奏者や曲目などの一覧、後白河院司異動一覧が、官職・年齢付きでまとめられている。本編834ページ。別冊と併せ、まさに古筆学の大変な労作だ。学藝書院刊・2万8350円(税込み、書店で注文)。(大上朝美)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介