現在位置:asahi.com>文化・芸能>芸能>芸能一般> 記事

しょこたん萌え萌えコスプレ写真集

2007年03月19日09時47分

 タレント中川翔子(21)が蜷川幸雄(71)氏の長女で写真家の蜷川実花さん(34)撮影の写真集を発売する。

 中川翔子が、初監督映画「さくらん」がヒット中の蜷川実花さんとタッグを組んだ。31日発売の「しょこれみかんぬ」(ワニブックス)で“究極の萌え萌えコスプレ”に挑んでいる。「ピンク、猫耳、包帯などすべてがツボでした」というコスプレNO・1グラドル中川が、実花さんの極彩色豊かな世界に溶け込んだ。

 天使や悪魔に変身したかと思えば、銭湯の富士をバックに番傘手にして水着姿…。実花さんが「さくらん」で披露した花びらもふんだんに使われた。ほかにもナース姿で包帯にぐるぐる巻きのショッキングなカットもあるという。

 「かわいさと、危険で病的なあやしさを併せ持つ2人のコラボ」をテーマに制作されたが、中川は「蜷川さんに撮ってもらえるなら、もう死んでもいい」と興奮。実花さんは「やり切った」。単なるモデルと違い、ブログなどで感性を独自に発信する彼女を撮りたかった」と仕上がりに納得している。サブカルチャーを追求するアイドルが、天才写真家の魔法にかかり、新たな扉を開いた。

PR情報

このページのトップに戻る