写真・図版 8月21日、今月11日に急死した米俳優ロビン・ウィリアムズさんの遺灰が、サンフランシスコ湾にまかれたことが明らかになった。写真はハリウッドのコメディークラブに掲げられた追悼メッセージ。12日撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[PR]

 [サンラファエル(米カリフォルニア州) 21日 ロイター] - 今月11日に63歳で急死した米俳優ロビン・ウィリアムズさんの遺灰が、その翌日にサンフランシスコ湾にまかれたことが、死亡証明書で明らかになった。

 同文書はサンフランシスコ湾岸地帯北部のマリン郡が21日公表した。

 ウィリアムズさんは11日、カリフォルニア州の自宅で首をつって死亡しているのが見つかった。

 寛大で謙虚な人柄で知られていたウィリアムズさんの訃報に、ハリウッドの俳優仲間からは驚きの声が上がった。

 ウィリアムズさんは映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」などで知られ、同作品では米アカデミー賞助演男優賞を受賞した。

 遺族は追悼式などの計画を明らかにしていない。

 生前に親交のあった米人気コメディアンで俳優のビリー・クリスタルさんは、25日の第66回エミー賞授賞式で、ウィリアムズさんを追悼する。