写真・図版 11月8日、米アップルは、動画配信への本格参入を目指し、米人気女優のリース・ウィザースプーン(写真)とジェニファー・アニストンが出演する新しいドラマを2シーズン分制作する契約を結んだと発表した。写真は8月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 8日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は8日、動画配信への本格参入を目指し、米人気女優のリース・ウィザースプーンとジェニファー・アニストンが出演する新しいドラマを2シーズン分制作する契約を結んだと発表した。

 アップルが独自の動画コンテンツの制作に参画するのは初めて。先行する米ネットフリックス<NFLX.O>やタイム・ワーナー<TWX.N>傘下のHBOなどと競合する。

 アニストンにとっては2004年に終了した人気コメディードラマ「フレンズ」以来のテレビ番組となる。フレンズでアニストンの妹役を演じたウィザースプーンは、最近HBOが放送した「ビッグ・リトル・ライズ」に出演するとともにプロデューサーも務め、番組はエミー賞を受賞している。

 アップル広報担当のリタ・クーパー・リー氏はまた、1980年代の人気SFドラマ「アメージング・ストーリー」のリメイク版を制作する契約を、同社とスティーブン・スピルバーグ氏が結んだことを確認した。

 これらの番組の視聴方法や時期は明らかになっていない。