写真・図版 2020年に「ロックの殿堂」入りを果たすミュージシャンの候補16組のリストが発表され、歌手の故ホイットニー・ヒューストンらが初めてノミネートされた。写真はヒューストンの映像。2012年2月、ロサンゼルスで開かれたグラミー賞授賞式で撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 15日 ロイター] - 2020年に「ロックの殿堂」入りを果たすミュージシャンの候補16組のリストが発表され、歌手の故ホイットニー・ヒューストン、ロックバンドのデイヴ・マシューズ・バンド、ヒップホップ・アーティストの故ノトーリアス・B.I.G.らが初めてノミネートされた。

 このほか、1980年代のポップ/ロック歌手パット・ベネター、アイルランドのロックバンド、シン・リジィ、米グランジロックバンドのサウンドガーデンや、ドゥービー・ブラザーズ、モーターヘッド、T・レックスも初めて候補に入った。

 ナイン・インチ・ネイルズ、デペッシュモード、ジューダス・プリーストなども候補となっている。

 「ロックの殿堂」は1000人を超える音楽関係者に加え、ファンによる投票で選ばれる。

 2020年の殿堂入りを果たしたミュージシャンは来年1月に発表され、5月に米オハイオ州クリーブランドで式典が行われる。