写真・図版 米映画芸術科学アカデミーは27日、今年のアカデミー賞関連のイベントで提供される食事はほぼ全面的に植物由来のものになると発表した。写真は昨年2月のアカデミー賞で「グリーンブック」が作品賞を受賞した時の様子(2020年 ロイター/Mike Blake)

[PR]

 [27日 ロイター] - 米映画芸術科学アカデミーは27日、今年のアカデミー賞関連のイベントで提供される食事はほぼ全面的に植物由来のものになると発表した。

 発表によると、アカデミー賞にノミネートされた候補者が一堂に会する恒例の昼食会(27日)のメニューや、2月9日のアカデミー賞授賞式の前に供されるフィンガーフードは、すべて植物性食品になる。授賞式後に開かれるパーティーでは、メニューの70%が植物性という。

 プラスチックのウォーターボトルや、プラスチックの容器に入ったその他の飲料は、アカデミー賞関連のすべてのイベントで排除される。

 アカデミーは「われわれは世界のストーリーテラーの組織であり、地球を支援するというコミットメントを負っている」と表明した。

 今月先に開かれた、ゴールデン・グローブ賞や米映画俳優組合(SAG)賞の候補者らが集まるディナーにおいても、完全に植物由来の食事が提供された。