写真・図版 人気K?POPグループ「防弾少年団(BTS)」が10日、ソウルでオンラインライブ「マップ・オブ・ザ・ソウル・ワン」を開催し、ストリーミングで生配信した。写真は生配信を視聴するファン。ソウルのカフェで撮影(2020年 ロイター/Heo Ran)

[PR]

 [ソウル 10日 ロイター] - 人気K?POPグループ「防弾少年団(BTS)」が10日、ソウルでオンラインライブ「マップ・オブ・ザ・ソウル・ワン」を開催し、ストリーミングで生配信した。当初は人数を限定した対面でのライブを予定していたが、韓国政府による社会的距離政策の強化に従い、オンラインでの配信に切り替えた。

 ボーカルのVことキム・テヒョンはファンに「皆さんはこの場にいないけれど、僕は皆さんがここにいると感じている。皆さんの声が聞こえるようだ。次は絶対にここで一緒に過ごそう」と呼びかけた。

 所属事務所のビッグ・ヒット・エンターテインメントは視聴者数を発表していない。ただ、リアルタイム視聴者が送ることができる「応援クリック」数は1億1400万に達した。

 パフォーマンスの背景には、世界中から参加した数千人のファンがペンライトを振る様子などを投影。また、即時にコメントを投稿できるチャットルームも開設され、ファンを喜ばせた。