写真・図版 「スター・ウォーズ」のライトセーバーなど、有名映画で使われた衣装や小道具が出品されるオークションが12月に開催される。写真はライトセーバーをもつスティーブン・レーン氏。(2020年 ロイター/John Sibley)

[PR]

 [ロンドン 20日 ロイター] - 映画「プリティーウーマン」でジュリア・ロバーツが履いたエナメル革のロングブーツや「トップガン」でトム・クルーズが着用したジャケット、「スター・ウォーズ」のライトセーバーなど、クラシック名作映画で使われた衣装や小道具が出品されるオークションが12月に開催される。

 毎年恒例のオークションは、主催者「プロップ・ストア」のスティーブン・レーン氏が映画製作者や出演者、撮影クルー、製作会社、コレクターの人脈を使って出品物を集めた。

 オークションは2日間にわたりオンラインで開かれ、350作品以上の映画から900以上の品物が競売にかけられる見通し。

 目玉の1つである「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のオビワン・ケノービのライトセーバーは事前落札予想額が8万─12万ポンド(約1093万─1640万円)。1989年「バットマン」でジャック・ニコルソン演じるジョーカーが着用したフェドーラ帽(2万─3万ポンド=約273万─410万円)、007シリーズの「スカイフォール」でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドがMI6の訓練で着用した服(1万5000ポンド=約205万円)も出品される。

 1999年の「ファイト・クラブ」でブラッド・ピットが着用した赤い革ジャケット(2万─3万ポンド=約273万─410万円)、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でジョニー・デップ演じるジャック・スパロウが着用した帽子(1万─1万5000ポンド=約137万─205万円)も競売にかけられる。