写真・図版 9月11日、 2018年のミス・アメリカを決めるコンテストが米ニュージャージー州アトランティックシティーで10日行われ、ノースダコタ州代表のカーラ・マントさん(23)が優勝した(2017年 ロイター/Mark Makela)

[PR]

 [アトランティックシティー 11日 ロイター] - 2018年のミス・アメリカを決めるコンテストが10日、米ニュージャージー州アトランティックシティーで行われ、ノースダコタ州代表のカーラ・マントさん(23)が優勝した。

 ノースダコタ州代表が栄冠を獲得するのは、100年近い同大会の歴史上初めてとなる。

 マントさんは同州ビスマーク出身、名門大学であるアイビーリーグのブラウン大学の卒業生。審査では黒いミニドレスと中折れ帽で得意のジャズダンスを披露した。

 また、質疑応答では、気候変動対策の国際的枠組みパリ協定から米国が脱退したことについて、「悪い決断」だと思うと述べ、「信じるかどうかにかかわらず、協議のテーブルに着くべき」と答えた。

 マントさんには5万ドル(約543万円)の奨学金と数十万ドルの賞金が贈られる。