写真・図版 8月27日、米国のコメディアン、アル・ヤンコビックがハリウッドの殿堂入りを果たし、ロサンゼルスにある「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」で星形のプレートに名前が刻まれた(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米国のコメディアン、アル・ヤンコビックが27日、ハリウッドの殿堂入りを果たし、ロサンゼルスにある「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」で星形のプレートに名前が刻まれた。

 「Weird Al」(ウィアード・アル)として知られるヤンコビックは、マイケル・ジャクソンのヒット曲「今夜はビート・イット」(Beat It)の替え歌「今夜もイート・イット」(Eat It)のヒットなど、替え歌やコミックソングで有名になった。

 この日の記念式典には、妻のスザンヌさんと娘のニーナも出席した。