写真・図版 9月5日、米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のプロデューサー、キャスリーン・ケネディさん(写真)やベテラン女優のシシリー・タイソンさん(93)に、長年の映画業界への貢献を称え名誉賞を授与すると発表した。写真は昨年12月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[PR]

 [ロサンゼルス 5日 ロイター] - 米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは5日、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のプロデューサー、キャスリーン・ケネディさんやベテラン女優のシシリー・タイソンさん(93)に、長年の映画業界への貢献を称え、名誉賞を授与すると発表した。

 ケネディさんは夫のフランク・マーシャルさんと共に、毎年映画プロデューサーに与えられる「アービング・G・タルバーグ記念賞」を授与される。女性の同賞受賞は初めて。

 ケネディさんとマーシャルさんは、スティーヴン・スピルバーグ監督とともに1981年にアンブリン・エンターテインメントを設立、「ET」「ジュラシック・パーク」「カラーパープル」など多くの名作を製作した。ケネディさんは2012年にルーカスフィルムの社長に就任、「スター・ウォーズ」シリーズを世に送り出した。

 ニューヨーク生まれでアフリカ系米国人女優のシシリー・タイソンさんは、アカデミー名誉賞を受賞する。

 「ダーティハリー」などの映画音楽を手がけたアルゼンチン出身の音楽家、ラロ・シフリン氏、スピルバーグ監督の代理人を40年以上にわたって務めたマーヴィン・レヴィ氏にも同賞が授与される。

 アカデミー名誉賞の授賞式は、11月にロサンゼルスで行われる。