写真・図版 9月6日、社会問題をテーマにしたドキュメンタリー映画で知られるマイケル・ムーア監督は、新作「華氏119」(日本公開:11月2日)について、トランプ米大統領の「終わりの始まり」を示すものになるよう願うと述べた。同作品は6日夜、トロント映画祭で世界プレミアを行う予定。トロントで撮影(2018年 ロイター/Mark Blinch)

[PR]

 [6日 ロイター] - 社会問題をテーマにしたドキュメンタリー映画で知られるマイケル・ムーア監督は6日、新作「華氏119」(日本公開:11月2日)について、トランプ米大統領の「終わりの始まり」を示すものになるよう願うと述べた。

 同作品は6日夜、トロント映画祭で世界プレミアを行う予定。

 ムーア監督は自身のウェブサイトに「この映画は、私たち誰もがずっと必要としていた決定的瞬間だ。9月21日から世界の映画館で公開されることでおそらく、ドナルド・J・トランプ氏の終わりが本当に始まるだろう」とのコメントを掲載した。

 コロンバイン高校での銃乱射事件を描いた「ボウリング・フォー・コロンバイン」で、2003年にアカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したムーア監督。新作は、米国がなぜトランプ氏を大統領として選ぶに至ったかの理由と、「そこからの脱出方法」を示すものだと述べた。さらに、新作は「希望の物語」であり、有権者に対し11月の中間選挙で投票に出かけるよう求める内容になっているとした。

 同作の予告編は、学校での銃撃事件に関する映像、白人国家主義者によるデモ、トランプ大統領の演説、普通の米国人へのインタビューなどで構成されている。キャッチフレーズは「狂気を終わらせる映画」。

 タイトルは、トランプ氏が公式に大統領選での勝利を宣言した2016年11月9日の日付から取ったという。ムーア監督は、01年の同時多発攻撃を題材とした「華氏911」でもメガホンを取っている。