写真・図版 9月11日、米ロサンゼルスの検察当局は、バックストリート・ボーイズのニック・カーターが関わったと申し立てがあった2003年の性的暴行事件について、カリフォルニア州での時効を過ぎているとして訴追しないと明らかにした。写真は2013年4月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 11日 ロイター] - 米ロサンゼルスの検察当局は11日、バックストリート・ボーイズのニック・カーターが関わったと申し立てがあった2003年の性的暴行事件について、カリフォルニア州での時効を過ぎているとして訴追しないと明らかにした。

 ロサンゼルス地区検察局は、当時18歳だった女性からの申し立てを受けて審査したが、この件は2013年で時効を迎えていたと述べた。

 事件についての詳細は明らかにしなかった。カーターは昨年11月、15年前に当時10代のポップ歌手をレイプしたとの嫌疑を否定している。

 バックストリート・ボーイズは1990年代後半から2000年代初めに人気を博したボーイズバンドのひとつで、「クイット・プレイング・ゲームス」など数々のヒット曲がある。