写真・図版 9月11日、カナダで開催中のトロント国際映画祭で、映画「Boy Erased(原題)」のプレミア上映会が開催され、出演女優のニコール・キッドマンが参加した(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [トロント 12日 ロイター] - カナダで開催中のトロント国際映画祭で11日、映画「Boy Erased(原題)」のプレミア上映会が開催され、出演女優のニコール・キッドマンが参加した。

 俳優ジョエル・エドガートンがメガホンをとった同作は、映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジスが主演。

 バプテスト派の牧師を父に持つゲイの少年が、矯正治療プログラムを受けさせられるという実話に基づくストーリー。

 ニコール・キッドマンが少年の母親、ラッセル・クロウが父親役を演じる。