写真・図版 3月14日、韓国のソウル警察は、性的な不法行為が疑われている人気歌手2人から取り調べを行う予定だ。写真は、警察に到着した「BIG BANG(ビッグバン)」のV.I(ヴィアイ)ことイ・スンヒョン。売春をあっせんしていた疑いが持たれている(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[PR]

 [ソウル 14日 ロイター] - 韓国のソウル警察は14日、性的な不法行為が疑われている人気歌手2人から取り調べを行う予定だ。同国は概して、セクハラや性被害を告発する「#Me Too(ミートゥー)」運動とは無縁だったが、状況は変わりつつある。

 現地メディアによると、アイドルグループ「BIG BANG(ビッグバン)」のV.I(ヴィアイ)ことイ・スンヒョン(28)は、所有する会員制クラブで外国人投資家らに対し売春をあっせんしていた疑いが持たれている。弁護士はこの日、ロイターに対し「彼が性的接待をしたことは1度もない」と容疑を否定した。

 一方、タレントとしても活動するチョン・ジュニョンは同日、女性との性行為を隠し撮りした動画をネット上で共有していたことを認めた。事務所は直ちに契約を打ち切った。

 一部報道によると、2人は同じチャットグループに加入しており、秘密のわいせつ動画を共有したり、女性を昏睡させ暴行するなどの行為に関する冗談を交わしていたという。