写真・図版 7月16日、エミー賞の候補作品が発表され、HBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が史上最多となる32のノミネーションを受けた。写真は昨年9月の授賞式で撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞の候補作品が16日に発表され、米有料テレビ局HBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が史上最多となる32のノミネーションを受けた。

 「ゲーム・オブ・スローンズ」はドラマ部門の作品賞などで候補に挙がった。5月に放映された同シリーズの結末を巡っては、ファンから不満の声が出ていた。

 HBO作品では、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故に関するリミテッドシリーズ「Chernobyl(原題)」も19のノミネーションを獲得した。

 HBO作品のノミネート数は137と、史上最多となった。ネットフリックス<NFLX.O>は117だった。

 今回は、9つの新たな作品が主要賞であるドラマ部門とコメディー部門の作品賞の候補に選ばれた。これにはBBCアメリカのスリラー「キリング・イヴ/Killing Eve」や、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のアマゾン・スタジオが手掛けたダークコメディー「Fleabag フリーバッグ」が含まれる。

 エミー賞の授賞式は9月22日にロサンゼルスで開催される。