写真・図版 米経済誌「フォーブス」は21日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ男性俳優」ランキングを発表し、元プロレスラー「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンがトップとなった。写真は7月、ロサンゼルスで撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ロサンゼルス 21日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」は21日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ男性俳優」ランキングを発表し、元プロレスラー「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンがトップとなった。

 フォーブスの推計によると、ジョンソンは2018年6月からの1年間に、税引き前で推定8940万ドル(約95億3000万円)の収入を得た。

 昨年のランキングではジョンソンは2位だった。1位はジョージ・クルーニーで、テキーラ会社を売却したことが大きく貢献していた。

 今年の2位と3位は、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に出演したクリス・ヘムズワースとロバート・ダウニーJr.で、それぞれ7640万ドルと6600万ドルを稼いだ。

 アベンジャーズ/エンドゲームに出演したブラッドリー・クーパー、クリス・エヴァンス、ポール・ラッドも、トップ10にランクインした。

 4位は、インド映画界「ボリウッド」の人気俳優アクシャイ・クマール(収入6500万ドル)。5位は香港出身のジャッキー・チェン(同5800万ドル)だった。