メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ドアーズのキーボード奏者R・マンザレク氏死去、胆管がんで闘病

:5月20日、米国の伝説的ロックバンド「ドアーズ」のメンバーで、キーボード担当のレイ・マンザレク氏が、ドイツのローゼンハイムで死去した。写真はギタリストのロビー・クリーガー氏(左)とハリウッドの殿堂入りを祝うマンザレク氏。2007年2月撮影(2013年 ロイター/Gus Ruelas)5月20日、米国の伝説的ロックバンド「ドアーズ」のメンバーで、キーボード担当のレイ・マンザレク氏が、ドイツのローゼンハイムで死去した。写真はギタリストのロビー・クリーガー氏(左)とハリウッドの殿堂入りを祝うマンザレク氏。2007年2月撮影(2013年 ロイター/Gus Ruelas)

 [ロサンゼルス 20日 ロイター] 米国の伝説的ロックバンド「ドアーズ」のメンバーで、キーボード担当のレイ・マンザレク氏が20日、ドイツのローゼンハイムで死去した。74歳だった。同バンドのマネジャーが明らかにした。

 声明によると、マンザレク氏は胆管がんを患い、闘病生活を送っていた。ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガー氏も「友でありバンド仲間のレイ・マンザレクの訃報を聞き、深く悲しんでいる。レイは私の人生においてとても大きな一部であり、会いたくてたまらなくなるだろう」との声明を発表した。

 マンザレク氏は1939年、イリノイ州シカゴ生まれ。1965年にボーカルのジム・モリソンとドアーズを結成。代表作に「ブレイク・オン・スルー」や「ハートに火をつけて」がある。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

検索フォーム

ロイター芸能ニュース 記事一覧

朝日新聞将棋取材班

朝日新聞放送取材班

注目コンテンツ