現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 舞台 > 演劇 > 記事 ここから本文エリア

服部・首藤 トップダンサー共演「hs06」

2006年07月25日

 服部有吉と首藤康之、世界で活躍する日本の男性トップダンサー2人が初共演する「hs06」が、8月2〜6日に東京・渋谷のシアターコクーンで上演される。服部の振り付け、大阪・梅田芸術劇場製作による3作目の公演となる。

写真

服部有吉(左)と首藤康之=東京都内で

 服部は「首藤さんは感受性が鋭く、動きを分析する能力が高い。安心して作品をあずけられる」。一方の首藤は「服部さんは精神的にも肉体的にもタフ。特別なスタイルを持っている」と話す。

 コンテンポラリーダンスの「Homo Science」と、クラシカルな「ゴーシュ」の2幕構成。「Homo」は、ロボット工場の実験室で不規則な動きを始めた1体(首藤)が波紋を起こす。宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」を基にした「ゴーシュ」は、独りよがりで嫌われ者のダンサー(服部)が、猫や鳥の訪問を受け、変化していく様を描く。

 「シンプルで抽象的なものと、にぎやかで楽しいもの。その対照を見てほしい」と服部。今回の2作には、13歳でドイツにバレエ留学し、現在ハンブルクバレエ団でダンサー、振付家として活動する経験が投影されているという。「個性の違いが生むひずみをどう乗り越えるか。これが共通のテーマです」

 8500円、7000円。問い合わせは電話06・6377・3888(梅田芸術劇場)。

PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.