現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 舞台 > 演劇 > 記事 ここから本文エリア

声優の傍ら大役に挑む、「罪と罰」小山力也

2006年10月05日

 ドストエフスキーの名作「罪と罰」を、俳優座が15日まで東京・新宿の紀伊国屋ホールで上演する。自分が非凡な人間であるかを試すため殺人を犯す主人公ラスコーリニコフを演じるのは、声優としても活躍する小山力也。「モラルが失われ、殺伐とした事件が続く今だからこそ見てほしい」と話す。

写真

小山力也=東京都内

 カリャーキンとリュビーモフによる脚色(桜井郁子訳)。主人公の見る悪夢や妄想を織り込み、巧みに場面を転換する。

 「妄想が高まると突然、乳母車や斧(おの)が現れ、視覚的な効果を出しながら主人公の苦しむ心を表現する。よくできた脚本だと感激しました。簡素な装置で、スピーディーでスタイリッシュな舞台になると思う」

 約2時間半の舞台に、ほぼ出ずっぱり。「感情の起伏が激しい役で、つい叫びたくなり、暴れたくなるけれど、勢いに任せて演じると内面のかっとうが抜け落ちる。抑えるのが難しいんですよ」

 ジョージ・クルーニーやキーファー・サザーランドの吹き替えで人気。7日に始まるテレビアニメ「天保異聞 妖奇士(あやかしあやし)」など、レギュラー番組を抱えながら、大役に挑む。

 「舞台も声の仕事も、同じくらい大事。両方とも、もっと上へ、という思いを常に持っていたい」

 袋正演出。出演はほかに立花一男、小笠原良知ら。5250円、学生3675円。電話03・3470・2888(劇団)。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.