現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 舞台 > 演劇 > 記事 ここから本文エリア

舞台美術、たゆまず「勉強」 文化功労者の朝倉摂に聞く

2006年12月06日

 この秋、文化功労者になった84歳の舞台美術家、朝倉摂の精力的な活動が続いている。現在は、最新作の「黒蜥蜴(くろとかげ)」(三島由紀夫作、デビッド・ルボー、門井均共同演出)が東京・新大橋のベニサン・ピットで上演中だ。話の端々に舞台への愛情と、たゆまず「勉強する」という姿勢がにじむ。

写真

朝倉摂

 「文化功労者には、これまで舞台美術ってジャンルがなかったそうなんですよ。初めてだってことに意味があると思って、いただくことにした。舞台美術の意味を分からない人もまだたくさんいるからね」

 飾らない口調。スポーティーなファッションとオレンジ色の髪がよく似合う。「かつらじゃないよ」と笑う。日本画家としてスタート。60年代から舞台に活動の中心を置き、演劇、オペラ、バレエ、大劇場から小劇場まで、国内外で多くの仕事をしてきた。

 「黒蜥蜴」では、柱や鮮やかな赤い布などを効果的に使って、狭い空間に、美貌(びぼう)の盗賊・黒蜥蜴(麻実れい)と名探偵・明智小五郎(千葉哲也)が対決する華麗な世界を生み出した。

 「戯曲通りに本気で飾ったら、(舞台を制作している)TPTは破産しちゃうよ。でも、お金かけるのが能じゃないからね。工夫するのがおもしろいし、自分の勉強になる」

 毎晩のように劇場に足を運び、「一生懸命やっているところがいい」と、若い小劇団の公演にも、しばしば顔を見せる。

 「他人の仕事を見るのは勉強になる。これから勉強することは、いっぱいありますよ」。年明けには自身が芸術監督を務めるシアター1010(東京・北千住)で「大好きな作品」というE・オールビー作「動物園物語」(1月8〜21日、青井陽治訳・演出)の美術・衣装を担当する。

 「黒蜥蜴」は12月20日まで。電話03・3635・6355(TPT)。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.