現在位置 : asahi.com > 文化芸能  > 日刊スポーツ芸能ニュース > 芸能 > テレビ・ラジオ > 記事 ここから本文エリア
日刊スポーツロゴ

志村けん「あるあるに裏切られた感じ」

2007年01月24日

 タレント志村けん(56)が怒った。23日、自分の公式ホームページでレギュラー出演していた関西テレビ制作の「発掘!あるある大事典2」のねつ造問題に触れ「裏切られた感じ」と記した。出演者が問題についてコメントするのは初めて。同局はこの日、千種宗一郎社長(62)ら役員の報酬カットなどの処分と、同番組打ち切りを正式に発表した。

 志村はホームページに「残念です」とタイトルして、心境を打ち明けた。

 「あるある大事典の件で、各方面に迷惑を掛けてすいませんでした。今日の新聞で番組打ち切りを知りました。正式にはまだ、本人には何も聞かされていません」。7日の放送は、納豆のダイエット効果を、ねつ造したデータで仕立てられた。関西テレビの千草社長らが20日に会見を行い、謝罪したが、レギュラー出演する志村にはコメントを発表した23日までに連絡がなかった。同局はこの日までに出演者に打ち切りを伝えたとしている。

 「私らはスタッフの作った台本に沿って番組を進行しているので、こんなことになるとは。逆にスタッフに裏切られた感じです。視聴率欲しさにねつ造はいけませんね。これからは、本業のコント笑いを一生懸命にやっていきます」と、締めくくった。酒を愛す半面、毎朝、自分で朝食を作り、肝臓にいいというしじみ汁を欠かさないなど健康に気遣っており、視聴者が番組で紹介した内容に敏感なのも実感している。

 また、健康番組は、コメディアンにとって健康に悩みを抱えた人や食材に対して、誤解を与えるようなコメントを避けながら、笑いを誘っていく重圧を背負っている。「お笑い王」の志村が慎重に取り組んできた新分野だけに「裏切られた」の言葉は重い。お笑いに専念する決意を示したのは、そのためだった。

 関西テレビは「あるある大事典2」の打ち切りを正式に発表した。28日の放送枠は「スタメン」を拡大して放送する。今後は白紙の状態だが、新番組決定までは映画などを放送する。また、同局内と検事経験のある弁護士などで構成する外部メンバーによる2つの調査班を立ち上げる。3月までに結果をまとめた検証番組の放送も検討されている。同局には22日までに、電話やメールによる抗議が約4000件、フジには約3700件寄せられている。



Copyright 2007 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます


PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.