現在位置 : asahi.com > 文化芸能  > 日刊スポーツ芸能ニュース > 芸能 > テレビ・ラジオ > 記事 ここから本文エリア
日刊スポーツロゴ

フジ「トリビア」でねつ造疑惑

2007年02月14日

 フジテレビは13日、05年9月放送の「トリビアの泉」で、犬100匹が、飼い主が倒れた時にどんな行動をとるかを収録した際、飼い主と異なる人物やドッグフードを利用して収録した場面があったことを明らかにした。

 番組は雑種犬の能力を検証する企画コーナーだったが、飼い主を男性に限定したため、本来は女性の飼い主の犬1匹について、犬が所属する動物プロダクションの男性社長を代わりに出演させたという。さらに、1回目撮影の際、犬がその社長に近づき、体に乗ったりしたが、うまく撮影できなかった。2回目は1回目ほど社長に寄り添わず、3回目に、1回目のシーンを再現しようとドッグフードを社長の服に仕込んだという。

 同局は「演出であり、やらせではない」とねつ造は否定したが「ありのままの調査をそのまま伝える番組の精神を考えると反省する点もあった」と弁明した。



Copyright 2007 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます


PR情報



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.