現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > テレビ・ラジオ > 記事 ここから本文エリア

ウォークマン聴き「瞑想」のCM、猿のチョロ松大往生

2007年01月14日

 湖畔で、人のように音楽を聴く。20年前、ソニー・ウォークマンのCMで、有名になった初代チョロ松が14日、29歳8カ月で死んだ。

写真

サルのチョロ松君=ソニー提供

 CM出演後は猿回しで活躍、90年に引退した後は日なたぼっこの日々だった。「遠目で見ると、まるで昼寝するおじいさんでした」と、飼育係の村崎新八さん(42)は言った。

 余生を過ごした熊本県では大病を患うこともなく、眠るように逝ったという。人間なら100歳近い大往生。「瞑想(めいそう)猿」は、最期まで人間のようだった。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.