現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > テレビ・ラジオ > 記事 ここから本文エリア

「あるある大事典2」打ち切り決定 関西テレビ

2007年01月23日

 納豆のダイエット効果をうたいながら、データの捏造(ねつぞう)が発覚したフジテレビ系の生活情報番組「発掘!あるある大事典2」について、制作した関西テレビは23日、放送を打ち切ると発表した。併せて、千草宗一郎社長の役員報酬30%の3カ月間カット、制作局長の解職など、役員4人、社員6人の処分も明らかにした。

 会見は開かず、文書による発表。またこの日、関西テレビのインターネットサイトから問題となった番組のホームページが削除され、代わりに打ち切りのお知らせが掲載された。同局は「過去の情報を見て問い合わせをしてくる視聴者がいて、これ以上の混乱を避けるため」と説明している。同番組の有料携帯サイトサービスも今月いっぱいで終了すると発表した。

 関西テレビから番組制作を受注していた日本テレワーク(東京)もこの日、古矢直義社長と制作部門を統括していた古賀憲一専務が引責辞任し、いずれも代表権のない取締役に降格したと発表した。後任の社長には末冨明子代表取締役が昇格。専務は当面空席にする。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.