メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

初音ミク、別府で「ドーム公演」へ 11月に特設会場

写真:初音ミクが描かれた「TRANS CITY」のポスター(一部)拡大初音ミクが描かれた「TRANS CITY」のポスター(一部)

 【尾立史仁】インターネット上で世界的に知られたバーチャルアイドル・初音ミクの映像が楽しめるドームが11月15日、大分県別府市のビーコンプラザ特設会場に出現する。来年1月15日までの期間中、延べ25万人の入場者を見込んでいる。

 浜田博市長ら関係者が10日、事業の概要を発表した。タツノコプロ(東京)のアニメキャラクター活用と並ぶ、市が取り組んでいる今年度の観光客誘致事業のもう一つの柱だ。総事業費は約7500万円。

 初音ミクはクリプトン・フューチャー・メディア(北海道)が2007年に発売した「歌を歌うソフトウエア」。多くの人がこのソフトを使って音楽や映像を制作し、インターネット上に公開し、国内はもとより海外でも人気のバーチャル歌手となった。

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

おすすめ

東京五輪招致の立役者となった滝川クリステルのスピーチに隠された壮絶な舞台裏とは。

映画を見るなら、フルHDの4倍きれいな「シネマ4Kシステム」搭載レグザで

部屋を隅々まできれいにして、気持ちの良い新年を迎えよう!

冬休みのアクティビティを大迫力の動画で撮影して、SNSに投稿してみよう

朝日新聞将棋取材班

朝日新聞放送取材班

注目コンテンツ

  • ショッピングカナル型ってなんなんだ?

    今さら聞けないイヤホンの基本

  • ブック・アサヒ・コム働き、守り…人生が揺れた

    東日本大震災時の「独身」に焦点

  • 【&M】武井咲と笑福亭鶴瓶が共演

    「グリーンガム」新CM発表会

  • 【&w】レモン味の炭酸水とチョコ

    ちいさなしつもん 村田沙耶香

  • Astandナチスに抵抗した表現描く

    「ピトレスク」公演評

  • 写真

    ハフポスト日本版 「ムーミン展」開幕

    日本初公開の原画やジオラマも

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報