DIALOG 日本の未来を語ろう :朝日新聞デジタル
2017/12/01

輝く女性の陰にイケてる男性あり? 女子大生が感じた夫婦と職場のリアル 後編

丹羽菜々香(POTETO) with 朝日新聞DIALOG編集部

「家庭を持ってからもバリバリ働きたい!」
共働きが当たり前になっている昨今、そう考える女性も増えています。
でも、バリバリ働きたいからこそ、悩みの種が出てくるのもまた事実。パートナーや同僚、部下や上司は、そんな私を支えてくれるの……? そもそもそんな女性は周りからどう思われるの? 男性の本音って、ぶっちゃけどうなの?!

そんな悩みにお答えすべく、11月12日に開かれた、Lean In Tokyoが主催するイベントに参加してきました。

Lean inとは、“一歩踏み出すこと、挑戦すること”を意味します。Lean In Tokyoは、女性や男性が社会の慣習や組織の前例、ジェンダーの枠にとらわれず、成し遂げたいことをかなえるために「一歩踏み出す」ことを応援する団体です。今回のイベントでは、活躍する女性を支えてきた男性たち、そして活躍している女性の方々をゲストに迎え、赤裸々な体験談や、男性の協力を得るための秘策などについてパネルディスカッションを行いました。どのような本音が飛び出したのでしょうか。

前回は、輝く女性を支える男性たちの本音をご紹介しました。

今回は、社会で活躍する女性たちの、自身の働き方や周囲の男性への思いをご紹介します。

登壇者はこちらの3名。

Q.仕事にいかされている自分らしさや、自分らしさを感じる場面を教えてください。

有馬:好奇心旺盛なことと、何か感じたらとにかく行ってみる、やってみるところですね。自分だからできたことや、自分だからできる仕事を見つけたい、成功させたいと考えています。現場で実際に何が起こっているのか。意識を組織内にとどめないことです。こうしたらどうなるんだろう、そんな知的好奇心で、ベストなディールを作ってきました。

毛見:違和感を大事にしています。大企業での仕事に違和感があり、戦いながら仕事をするより、自分で責任をとって挑戦していこうと決意して起業し、今に至ります。違和感があるときに、行動や決断をしないようにしています。自分が感じる気持ちを自身で認めてあげる。その連続が、正解につながっていくのではないかと思います。

高尾:私の「らしさ」は、人から「できない」と言われたときのほうが燃えるところですね。なにくそと思って、頑張る気力がわいてくるんです。新しい仕事を始めたときも、「できないことの1000本ノック」だったんですけど、一本ずつ打ち返していって、今は実現しています。前例がないから、やったことないからで諦めていたらダメなんですよね。

Q.身の回りに感謝している男性はいますか?

有馬:上司、ですね。私が何かやりたいと言ったときに、いつも一人は応援してくれる上司がいました。周りが無理だと言っても、「やってみたらいいんじゃない」と。壁は厚いような気はするものの、コンクリートじゃないんです。組織の壁は「人」なので、温めているうちにじんわり温まって、そこに穴が開いたりするんです。そんな男性の存在が、私が仕事を続けている理由の一つです。もちろん私が何にチャレンジするときも、いつも応援してくれる夫にも感謝しています。

毛見:いろいろな男性に支えられてここまで来たのですが、一つ挙げるならばビジネスパートナーの男性です。私のできないところをカバーしてくれて、得意な部分と不得意な部分を客観的に見て、足りないところを補うことに力を注いでくれるところに感謝しています。

高尾:2人いるのですが、1人目はイーコマースの仕事を任せてみようと言ってくれた上司です。周りに無理だと言われる環境でも、最後まで味方でいてくれて、後押しをしてくれた男性でした。とても感謝しています。2人目は夫です。学生時代からの付き合いなのですが、就活がうまくいかず、専業主婦になろうかと弱音を吐いたとき、「今まで親御さんが教育に力を尽くしてくれたのに、働かなかったら社会に恩恵を還元できないでしょう」と叱咤激励されました。そのおかげで今の私があるので、感謝です。

Q.女子大生の自己肯定感が低いと言われていますが、みなさんどう思われていますか? また、一歩踏み出したい女性へのエールがあれば、お願いします。

有馬:まず女性には、「チャンスが与えられない」→「育たない」→「任せられない」という悪循環が続いています。男性に合わせるためにやるのではなく、自分らしくやりたいことをやって、それが成功して成長につながるというサイクルが始まれば、女性にも同様にチャンスが与えられる社会になるはずです。自信をもって何かに打ち込んで自分を磨くということを重ねていってもらいたいと思います。

毛見:今の大学生はプレッシャーや、余計な情報にがんじがらめになっていて、かわいそうだなと思います。難しいかもしれないけれど、外の選択肢ばかりに目を向けず、自分の内面に目を向けてほしい。自分は何を人生のテーマにしたいのかを考えることが大事。自分自身の気持ちをケアしてあげてほしいです。

高尾:自己肯定感が低いときに肯定感を持ってと言うのは、乱暴な感じがします。24時間いつも持てということではなく、大事な場面で自信があるように見せる工夫をすることから始まると思います。そうすれば自然に仕事が回りだし、打席に立つ回数も増える。自分が成長できる機会が増えるはずです。

いかがでしたでしょうか。様々な情報が世の中にあふれる今、それらに振り回されることなく、まずは自分が何をしたいのかを見定めることが大事なのだと感じました。強い思いがあってこそ、前例がなくても挑戦しようと思えるし、味方も増やそうと頑張れる。それに、自分が思っているより世間は冷たくない。思い込みを捨て自分を信じてみる、その結果がLean inにつながっていくのでは……と感じたイベントでした。

POTETOとは……「政治をわかりやすく伝える」学生のチーム。 「リテラシーインフラ」を整備することを掲げ、①日々のニュースや様々な社会トピックを動画やイラストで伝えるメディア事業②社会課題をテーマにした出前授業を行う教育事業③NPO、政治家といった、ソーシャルな活動を行う主体の発信サポートを行う事業などを展開。

AUTHOR……丹羽菜々香/:明星大学教育学部2年。高校卒業後、カナダに2年間留学した際、日本の若者の政治への関心の低さに気づく。帰国後、POTETOに参加し、現在は教育事業部副部長として、主権者教育を広めるべく、選挙に関する授業を企画したりしている。

関連記事

pagetop